まりお流らーめん行ってきました

ついに(?)まりお流らーめん体験してきました。

まりお流ラーメンとは

こってりなラーメンといえば、天下一品とか、王将のこってりラーメンのイメージかと思います。僕もそうでした。

だがしかし!

そんなこってりなラーメンたちは、まだまだ序の口だということを思い知らされました。

まぁその界隈ではかなり有名なお店で、テレビとかも時折来るそうです。

こってりなラーメンとご対面

ラーメンのメニューには、値段の他に”濃度”なる文字が。

僕は、ちょっとビビりなので濃度7の「まりおブラック」をチャーシュー麺(チャーシュー大盛りになるやつ)にして注文。

まりおブラック(チャーシュー麺)

チャーシュー麺(チャーシュー大盛りになるやつ。普通のもあるみたい)にすると(お値段もすごく上がりますけれど)、すんごい量のチャーシューが乘ってきます。ちょっとびっくり。

お味はというと、チャーシューはとても柔らかくて美味しく、麺も太めのストレート麺で、スープは醤油ベースのこってり背脂いっぱいなラーメンでした。

ちなみに……天下一品のこってりラーメンは濃度3~5あたり……だそう。

選ばれしアルピニストのみが……

とまぁ、ここまでは序の口。

まりお流らーめんには、すごい名前のらーめんがズラリ。

霧島 富士山 チョモランマ オリンポス

このあたりになると、濃度の数字が一気に二桁へ。

選ばれしアルピニストでないと攻略は難しいです。

自分がいたテーブルのほか3人は、みな山へ。

急にアルピニストばかりでびっくりです。

ちなみに、後輩くんが食べてたオリンポスがこれ。

オリンポス

見た目はたいしたことないですね。

隣の人は霧島だったので、スープ一口もらいましたけど……その時点でん?って感じ。

濃い。

そして、このオリンポスは……

もはや、ラード食べてますか?って感じです。

すごいものを考える人が世の中には居るもんですね。

肝心の味は、とても美味しかったです。

普通のラーメンならまた来たいお店ですね。開店前から行列ができるのも納得の美味しさでした。

ちなみに……

霧島 濃度 15

オリンポス 濃度 30

だそうですよ。