新元号が発表されました

ついに(ようやく?)新元号が発表されましたね。

5月1日より令和元年

今日は本当にたくさんの人がニュースに釘付けになったのではないでしょうか。

元号を止めてもいいのでは? とか、西暦表記でええやんという意見もちらほら聞きますけど、これだけ大騒ぎになるんですから、まだまだ必要ですよね。

昭和→平成のときは、小さかったためよく覚えていないのですけど(それ以外の出来事は記憶に有るんですけど、例えば天皇陛下の容態を連日報道してたことなど)、一つには崩御されて国民みんなが自粛ムードだったのもあるかもです。

今回はどちらかと言えば、お祝いに近い、そんな感じがしますね。

新たなスタートとなるか

いろんなタイミングが世の中にはあって、例えば年末から年始にかけてのタイミングとか、今日のように新年度スタートのタイミングとか、会社で言えば決算のタイミングとか、夏休み明け、春休み明けなんていうタイミングもあります。

その中でも滅多に来ないタイミングがこの改元のタイミングです。

すべてのことは、確かに変わらず進んでいく(それは大きな視点で見れば)のでしょうけれど、こういう一つのタイミングをつかめるか? そこが大事だと思っています。

新しいことにチャレンジしたり、新しくなにかを変えてみたり、生まれ変わりのタイミングにしていければ、いいのでは無いかと思っています。

みんなしごとはやい

なんか最速で新元号クッズを作ったなんてのが話題になってたり、号外が配られたり、今日はいかに早く出すかというのも、ある意味このネット社会の縮図のような気もして、すげぇなと思う半面、急ぎすぎという気もしました。

新元号このいらすとやさんの画像もそう。

なんでも12時過ぎにはすでにできてたとか。ほんと早すぎ。

ともあれ、平成も残り1ヶ月を切りましたので、最後きちんと丁寧に過ごせればいいなと思います。