消防設備士乙種第7類合格

消防設備士について

ウィキペディア先生によると消火器やスプリンクラー設備などの消火設備、自動火災報知設備などの警報設備、救助袋などの避難設備の設置工事、点検整備を行うことができる日本の国家資格とのこと。

甲種(1類から5類、特類)、乙種(1類から7類)の区分があり、それぞれの区分に応じた消防設備の点検や工事ができる資格です。

試験は年間通して各都道府県で実施されており、いわゆる越境試験(自分の住んでる都道府県以外の都道府県でも)もOKです。ただし申請は受験地の都道府県知事にすることになるので、手続きがややめんどくさい場合が(各都道府県の証紙が必要の場合も)あります。

レベルとしては、乙種は普通レベル。甲種はやや難しい(特に製図関連が素人には難しいかも)。

また甲種および特類には受験資格が必要です(例えば電気工事士や無線従事者免許を取得している等)。

受験料は乙種で3,800円 甲種で5,700円(2020年4月現在)です。

試験勉強などについて

乙種第7類は、漏電火災警報器の点検ができる資格です(工事は実質電気工事士が必要)。

私は第二種電気工事士の資格を持っていたので、大幅に免除されました。

そのため、案外簡単だったイメージが…(というか去年の試験なので忘れつつある)。2週間前ぐらいからテキスト読んで、中にある問題を解いて、それで合格できました。

テキストは、わかりやすい! 第7類消防設備士試験2,200円(+税)をつかいました。たしかにわかりやすく、本番の試験に沿ったないようでした。

試験会場は、大阪の場合国立大阪大学です。

感想とか

電気工事士を持っていると、非常楽に取れる資格かと思います。ただ舐めてると普通に落ちる。漏電火災警報器は電気工事士との相性はかなりいい資格ですので、持ってる方は是非チャレンジしてみては? と思います。

その他に第4類も電気工事士と関連の深い内容(自火報とか)です。できたら甲種第4類を目指したいなと思っています。

消防設備士乙種7

また、ビルメン4点セットとの相性も抜群なので、消防設備士試験は少しずつ他の類もチャレンジしていきたいなと思っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました